見上げてごらん

2月15日(木) 曇り 昼前から雨

朝から曇り。
農協さんが10時に来たときにはもう雨になっていた。
大変お世話になった農協さんだが、今春か来春には確実に異動になる。
我が家の契約内容を全部頭に叩き込んでいて、いつ何を聞いてもすぐに答える。
おそらく早々と管理職になるだろう。
お茶を飲みながら孫をあやしてくれているが、苦労するかもしれないと気の毒になる。

早く雨になったので踊りの練習をすることにした。
画像

敏美さんが大学病院からやって来た。
昨年1月にご主人が肺がんの手術をし、1年目の検査。
所見ありを指摘され、ご主人を検査に置いて踊りに来た。
CTが終わって説明があるときには病院に戻る。
今後の治療のことなど聞いておかないといけない。
彼女は定年まで看護師をしていたので、不必要に不安がらないが不安材料は分かっている。
お茶を飲みながら、だんだん早口で、彼女らしくない明るい笑顔が多い。
可哀想になるが、私が感情的になるのは軽薄だと思う。
ご主人が亡くなったら農家は廃業する。

母にお供えを持ってきてくれた。
以前通りかかったとき粗大ゴミを出しているのが見えて、鏡台があったと。
だから遺品整理をしているのだろうと思ったそうだ。

千代美さんが遅れるので、しばらくお茶を飲んだ。
彼女の実家の話になった。
隣のおばさんがみかん農家で、手伝いに行っているらしい。
「今年は表作で、甘平が80キャリーも取れたんよ」
「甘平、露地でも作れるん?」
「紅まどんなとセトカはハウスだけど、甘平はハウスのビニールがはがれたところで大丈夫」
「紅まどんなで出しよるん?」
「無理無理、紅まどんなは西の海の近くの地区だけよ」
「難しいんじゃね」
「紅まどんなは雨に当たったら芯から腐り始めて売りもんにならん」
「じゃ、露地ならどうするん?」
「袋かけるかソックス穿かす」
「え、このソックスはめるん?」
「ソックスと呼んでいるネットみたいなんよ」
「ああ…」
「とにかく、紅まどんなは肌が弱いからすごく気を遣うよ」
「甘平は肌が強そうじゃね」
「それが、重さがあるんで紅まどんなも甘平も雪吊りみたいに枝を吊るんよ」
「うわっ、面倒臭っ!」
「セトカも美味しいけど、ハウスでないとね」
「デコポンは?」
「ここらではデコポンとは言われんのよ」
「何で?」
「デコポンは熊本県で厳しい検査に合格したものだけ」
「紅まどんなみたいじゃね」
「ここらでは、しらぬいとか媛ポンとか」
「みかん作るんも大変ねー」
「おばさんとこ、85歳と82歳だから、ようやる」
「後継者は?」
「おるわけなかろー」
「枯れるん?」
「縮小した果樹園は枯れて蔓が巻き付いて無残よ」

千代美さんが来て、練習。
今年は、坂本九の歌で。
見上げてごらん…夜の…星を…
画像
画像

敏美さんのご主人から電話。
CTが終わり点滴中、先生の説明があるので大学病院に戻っていった。

千代美さんはさっきまでデイサービスとの契約をしていたばかり。
疲れ切っている。
一切合切の書類を紙袋に突っ込んで持ってきていた。
家に置いておくとご主人が混ぜてなくすので、いつも車に積んでいる。
きれいなピンクのポケット式ファイルにまとめてあげた。
それをハイビスカス柄の袋に入れてあげた。
お茶を飲みながら、ご主人の介護の話を聞く。
デイサービスに行くようになると汚い格好はさせられないから、案外衣装代がかかるようになる。
夫の新しい服をあげた。
フラの先生にもらったと言えば喜んで着ると、千代美さんが喜んだ。
画像

千代美さんは踊りの練習もしないで3時までお茶を飲んでいた。
3時半から歯医者だからと言うと、残念そうに帰って行った。
もっと、ゆったりとお茶を飲んでいたかっただろう。

梅の枝を切ってきてくれた。
お茶を飲んでいる間につぼみが開いた。
薄いピンクでほんとうに可愛らしい。
千代美さんはそれを見つけて嬉しそうにした。
画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

紀の国屋
2018年02月15日 22:55
こんばんは。
返信メールは届いたでしょうか。
ありがとうございました。

今日はとても暖かかったので
我が家の南高梅も白い花が
咲き始めました。

みかんの苗木の写真、拝見しました。
素人が露地で育てられるのは、
甘平だけみたいですね。
みかん一個一個に袋を被せるなんて
愛媛のみかん農家の方々の
ご苦労が伝わってきます。

坂本九ちゃんの歌でフラダンス?
曲をゆっくり流すんですか?
hanohano
2018年02月15日 23:05
こんばんは。
無事に届いております。
ちょうど、楽天パック東京行きが決まった連絡と重なってしまい、返信が遅れてすみませんでした。

我が家にも愛果28を植えていますが、風で葉が当たっただけで傷物になるのには仰天です。
セトカも美味しくておすすめですが、これも肌が弱そうです。
自宅用なら傷があっても平気ですけどね。
あ、甘平も愛媛からは持ち出し禁止ですよ。

九ちゃんの歌は、もともとかなりゆっくりです。
ゆっくりな踊りはごまかしが利かないから…見ていてクラクラします(笑)

それでは、また。
紀の国屋
2018年02月15日 23:50
こちらも届きましたので
保存させていただきました。^^

愛媛のみかんはどれも繊細で、
栽培が難しそうですね。
記事のみかん談義は勉強になります。

九ちゃんの歌は、
うへほ、むふ、ひーて、
あーる、こほ、ほーほ、って
細切れに聞こえるから、
『こんな小刻みで踊れるのかな?』と
思いましたけど、
「見上げてごらん・・」なら何となく
分かりますよ、ゆっくりなのが。笑

あ、メール♪
hanohano
2018年02月16日 08:26
おはようございます。

「うへほ、むふ、ひーて、
あーる、こほ、ほーほ」も、踊りがあります。
歌詞は「エイア ノー アウ(ケ)ヒーカア ヘレ ネイ」です(笑)
やっぱりスローテンポで歌っています。
とても美しい踊りですよ。
ただ、悲しい歌なのでフラダンスのイメージとはちょっと違いますが、お年寄りの施設では喜んでいただけます。
誰でも知っていて、やっぱり九ちゃんは偉大です。

それでは、また。
紀の国屋
2018年02月16日 23:31
そうですか。
この曲は「スキヤキソング」として
アメリカでヒットしましたね。
本人もまさか飛行機事故に遭うとは
思ってもみなかったことでしょう・・。

気を取り直して、

今日は午後から2時間ほど、
畑の水道工事をしました。

家の物置に、子供の頃からあった
古いカメの上に、盆栽用の大丸鉢を
乗せた状態で地面に置いて、
周りに青い砕石を敷き、その外周を
扇状の「煉瓦調花壇ブロック」で囲って、
外流しを作りました。
流し台にしたこの重い茶色のカメは、
直径45cm、高さ55cmの寸胴で
ずっと前から家の物置にあったもので、
何を入れる為の器なのか分からないし、
この先も使うことが無いのなら、と
底に排水穴を開け、この穴から排水管を
通して「流し台」に変身させました。

排水枡まで8mの排水管埋設工事は
少し前に先にやっておいたので、
作業はこれで全て終わりです。

この一角に焼杉のベンチを据えたら
「食事所兼昼寝場所」の完成です。

一度見に来ませんか? 笑
hanohano
2018年02月17日 00:26
カメの上に鉢を置かれたのですか。
で、青い石。
フランスの流し台のように素敵です。
見てみたいですね(笑)

紀の国屋さんのお宅に行くには、200キロ走って徳島、大鳴門橋を渡って淡路島、明石大橋を渡って神戸、大阪、和歌山。
それから高野山を越えますね?
もう迷いますね(泣)
それとも草津から亀山で…三重県って長いですね!

二十歳の頃に社員旅行で志摩に行きました。
数年前には伊勢神宮に行きましたが駐車場に入れなかったので、気を取り直して(笑)松山に引き返しました。
伊勢うどんはゆるゆるでした。
そうそう、羽田便は串本で曲がって海沿いに飛びます。
A席なので見えるかも。
4月6日の12時20分頃、空から手を振りますね(笑)
紀の国屋
2018年02月17日 12:58
こんにちは。
今日の三重県は快晴ですよ。

外流しの、煉瓦調ブロックの周りには
リュウノヒゲを植える予定です。^^

徳島から我が家まででしたら、
フェリーが着いた和歌山から国道を南下して
白浜まで走り、白浜から国道311号線を
どこまでも東に走れば三重県熊野市の
国道42号線に合流します。その熊野市
から国道42号線を60kmほど北へ
走ったところに我が家があります。
311号線は紀伊半島南部を横断する
道路で信号が少なく走りやすいですよ。

伊勢神宮の周辺は一年中混雑してて
土日の駐車場探しは大変だと思います。
たしかに、伊勢うどんは四国のうどんと
比べたら「とろとろうどん」でしょうね。

「4月6日12時20分」を
メモしておきました。笑
hanohano
2018年02月17日 22:09
こんばんは。
こちらも快晴でよく働きました(笑)

「4月12日15時40分」もメモしてくださいね(笑)

この記事へのトラックバック