テーマ:隣人関係

お彼岸に里帰り墓参

3月21日(水) お嫁さんは実家が遠い。 精神障害の妹がいるので里帰り中も命がけ。 子どもなどいつ踏まれるか分からないし、息子も後ろから殴られて殺されかかったり。 だから、せめてお彼岸の里帰り気分を、ということでランチに。 つまり、わたしのお財布からということで。 子連れで落ち着かないし。 一人前にお子様ランチとか食べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お彼岸に申し込む?

3月21日(水) 朝のうち晴れ 曇り時々雨 千代美さんが来た。 夫婦で献体申し込みをするそうで、申込書を持ってきた。 ついでに、新規デイサービス見学の日程を決めた。 現在利用中のデイサービスは土日祝が休みになっている。 これはとても不便。 旦那さんはどんどん悪くなっているが、普通のときもあって、それがまた悲しい。 集中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

靴とコラボ缶

3月20日(火) 雨の中、娘からの荷物が来た。 姪への誕生日プレゼントは可愛く包んである。 靴が2足入っている。 「お嫁さんが、少し小さくなった靴を履かせているから、畑を走る子どもが足が痛いと泣くのよね」 これを聞いた娘夫婦、居ても立ってもいられなくなったらしい。 「早く通帳に現金を送ってやれよ!」 急かせる夫をな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

告別式

3月19日(月) 雨 夜中に何度も熱が出て、汗が出て、下がった。 軟弱者の自分、心がオーバーヒートして熱が出るなんて。 雨が降っている。 告別式に行こう。 50万円の祭壇。 わたしが貸したお金。 かさかさの手、いつの間にかこんな手になっている。 お寺さんには70万円。 ただいま、お母さん。 頑張って、さら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

借用書

3月17日(土) 雨のち晴れ 父の従姉が亡くなった。 あと一週間生きていれば満97歳。 豊かな家に生まれ、次々と土地を売って6億5千万円の財をなした時もあったが、彼女の葬儀に当たってお金がないので、跡取りの次男さんが我が家に借金の申し込み。 大急ぎで借用書を作った。 借金に来た次男さんは、このような凋落をしたのは自分にも原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憐れみ

3月15日(木) 玄関前の畑は素晴らしい。 朝夕だけでなく一日中温度の手当てをしている。 畑が並んでなくて、本当によかった。 千代美さんがご主人を乗せてきた。 ご主人はしっかりと挨拶をしてくれた。 「先日は面倒をおかけしてしもて、ようよう生きておるもんで…」 あのインフル騒動を何も覚えてないなんて。 他人にパンツ下ろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンドウ豆の支柱立て

3月15日(木) 晴れのち曇り夕方から雨 エンドウ豆が大きくなってきたので支柱を立てよう。 と思って畑に行くと、先客がいた。 ウスイは寒さでほとんどが枯れたので蒔き直した。 ところが、蒔いているわたしを屋根にするように子供が前に潜り込んでくる。 しかも、やっと大きくなりかけたウスイをブチブチちぎる。 一生懸命に手伝ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族で乗り越える

3月14日(水) 晴れ 切羽詰まった電話に引きずられるように、政美さんの家に行った。 政美さん(80)は長男(50)と二人暮らし。 長男は心を病んで7年ほど前に市役所を退職し、現在は精神科に通院しながらB型就労支援を受けているが、メンタルの波が大きく引きこもる日が多い。 政美さんの長女(52)は県庁職員で近所に住んでいる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雛人形

3月13日(火) 晴れ 貧血の薬をもらいに行く間、少しだけ子守りをした。 夫と母の写真をきれいに飾っている。 お茶も用意してくれている。 本を読みながら過ごした。 子供はずっと寝ていた。 雛人形を飾っている。 このあたりの慣習では、雛人形は母方の実家が用意することになっている。 だから、父方の実家であるわたしは何も言…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

無料の検診

3月12日(月) 晴れ 胃とか腸とかは基本丈夫な方だけど、胃も腸も不調全開。 面倒くさいけど市役所から注意される前に検診を受けておくことに。 朝ご飯とかとても入らないから血液検査には好都合ですし。 「あれっ、痩せましたね」 またー、それ言われると気味悪いです。 で、検査が増えました。 ちょっとつらい検査なのでストレスに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉ボタンに決定

3月11日(日) 晴れ プランターに小さなレタスが1本。 多分、昨年秋の初めに種まきして生えなかった土をプランターに入れた中にあったのだと思う。 野菜って丈夫。 可愛いし。 やる気のなかったほうれん草も急に大きくなったし。 キャベッコリーは花が咲き始めているし。 しかし、君、葉ボタンだとみんなが言ってるよ。 年度末に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トークショー

3月10日(土) トークショーの最後に歌があった。 「お義父さん(おとうさん)」という歌。 お義父さん あなたの娘をもらって もう15年です… … … お義父さん あなたの娘はかなりの天然ボケで… … … お義父さん あなたは産まれたばかりの娘を置いて 家を出て行ってしまったので … あれからあなたの娘がどん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡素化という改革

3月9日(金) 近所の5軒は濃い付き合いをしている。 入院すれば、必ずお見舞いに押しかける。 死者が出れば、即、駆けつける。 お通夜葬儀は夫婦で、初彼岸、初盆もお参りに集まる。 この村でこんな付き合いをしているのは我々だけ。 ほんと、めんどくさい。 母が亡くなった我が家、初彼岸のお参りに来てくれることに決まっている…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ワケギとエプロン

3月9日(金) 晴れ時々曇り 寒い 明け方5時前まで友人と電話をしていた。 相談事をしているうちに、ついつい世間話で盛り上がってしまった。 朝一番に千代美さんが来た。 桜の切り花といちご、生椎茸を持ってきた。 ご主人のデイサービス追加のことなど決めながら、お茶をする。 わたしがケアマネさんに電話をしている間に、千…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダウン寸前

3月6日(火)  曇り のち時々晴れ 先月末から毎日慌ただしく、加えて連日の寝不足でダウン寸前。 差し迫ってしないといけないことも山積み。 こうなると動けなくなる。 胃が痛み、薬も飲めず、緊張で眠れず、集中力も切れたまま。 布団にくるまって、死にたい死にたいとつぶやく。 こんなとき、いつもは優しいはずの友人は厳しい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅するお菓子

3月5日(月) 大雨 曇り しっかり雨 遠くの海辺の町から友人たちが来た。 地元の人には絶対に話せない秘密を安心して分かち合う。 名産の大きなロールケーキとおむすびを差し入れてくれた。 昼食はおむすびと、ロメインレタス、アボカド、トマトのサラダとお味噌汁。 お味噌汁には小ネギ、絹ごし豆腐、カットワカメ2枚、青梗菜の蕾を2本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バラバラ

3月4日(日) 晴れ 踊りの本番。 二人は一生懸命に踊っている。 千代美さんのご主人は留守番になってしまった。 長年、この文化祭に来るのをとても楽しみにしていたご主人。 千代美さんはうどん係になっているのでずっと一緒にはいられない。 「父さん、これがご飯じゃけん、食べよってよ」 どんなにか連れてきてあげたいけど、皆に迷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上の空でどうなる?

3月3日(土) 曇り時々晴れ 夜暴風雨 友達が来た。 喘息で酸素ボンベ持って、娘さんが付き添って一緒に高速バスで。 ホテルは道後で。 とても、嬉しい。 安い昼食もどこに入ったか分からないくらい話題でいっぱい。 スイーツもいっぱい持ってきてくれた。 午後から踊りの練習。 なのに、いつまで待っても千代美さんが来ない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

らしくない種まき

3月1日(木) ここ20年ほど、種まきは2月末日と決めていた。 一日遅くなってしまった。 2月26日に種まきしていたレタスが伸びてきたので植え替えた。 午前中から湿らせていたトレー、こんな種まき土を使うのは初めてで乾燥させて枯らしそうで心配になる。 小さな苗を1本、1本、竹串で引き上げて植えた。 息子夫婦が息を止めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月

3月1日(木) 雨 曇りのち晴れ 6月末に広島に出かける用事があるが、その帰りに静岡の友人を見舞おうかと考えた。 10年間も友人でいて、意識が明瞭なまま会話が出来ない状況を知りながら、会いにも行かないのは人間としてどうかと思った。 でも、別の友人に意見を求めると違う答えが返ってきた。 確かに、自分は、あのときに決別していたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カミーユ

2月28日(水) 晴れ時々曇り夕方から暴風雨 新しい人間関係が難しくて、眠れないで朝を迎える。 かれこれ10年近く前に、静岡県立美術館のロダン館で見たカミーユ・クローデルの作品を思い出した。 特に背中合わせで飛ぶ白い彫刻が好きで、数年おきに3度も見に行った。 背中合わせで飛ぶ心はどこまで飛んでも背中合わせの苦しい姿勢を変えら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1センチ

2月27日(火) 晴れ いつものように、トマトの種に挨拶してイチゴを買う。 みかんとイチゴを送る。 レタスの種に根っこが出た。 弁済期間猶予の手続きをした。 友人の夫が一人で来て暗くなるまで話し込んで行った。 帰ったあと友人から電話があった。 長い付き合いの友人なのに、夫と長い時間…何をしていたのと…そんなニュアンス。…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

おぼろ月

2月24日(土) 晴れ 3時間しか眠れていない午前6時。 ジャストタイムの電話は礼儀と緊急を感じる。 千代美さんだった。 完全にパニックになっている。 ごめん、早うに、寝とったんじゃろ? 父さんがおかしいんよ。 今朝1時半頃、ベッドからおらんようになって。 タンスの中のものが全部散らかって、 トイレの中に服が脱…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

電話5件日

2月23日(金) 晴れ 朝1番の電話は8時25分。 毎日4回話したい女性。 毎回1時間は余裕。 挨拶なしにいきなりしゃべり始め、わたしは一方的に聞かされ、同意させられる。 あなたは誰よりも賢いと褒め称えると早く切ってくれる。 時に、彼女の夫に代わりまた延々と1時間追加コース。 もう、夫婦揃って依存症。 わたしはパズル…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

猫の日

2月22日(木) 晴れ 薄曇り 今日は猫の日。 ベスも年を取った。 いつかは死ぬんだね、ベス。 寂しい。 今日は友人のお母さんの命日。 友人はお母さんの介護のために、52歳で大企業の役員の座を捨てて東京から故郷へ戻ってきた。 おそらく1年ほどで介護は終わるだろうと家族を納得させていたが、お母さんは10年生き、離婚届が届…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魅力的なささやき声

2月18日(日) 視覚障害者の青年に付き添った。 彼は自動車の営業マンだった二十歳過ぎから徐々に見えなくなって失明した。 踊りのボランティアのバックバンドをしてくれている。 点字とICレコーダーが彼の武器。 このICレコーダーが、突然ささやいた。 「充電してください」 周りの静けさの邪魔をしないように、 心の…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ぽきっ

2月16日(金) 曇り時々雨 歯科の待合にある本。 スーパーのラナンキュラス。 朝っぱらから焦げてしまったおから。 諦めないでおからになる。 小児科で泣き叫ぶ直前。 売れ残っているトマトの種も、 逆に走るカートも。 悲しみのお膳の椎茸を笑おう。 甘酒が出来た。 あたたかい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見上げてごらん

2月15日(木) 曇り 昼前から雨 朝から曇り。 農協さんが10時に来たときにはもう雨になっていた。 大変お世話になった農協さんだが、今春か来春には確実に異動になる。 我が家の契約内容を全部頭に叩き込んでいて、いつ何を聞いてもすぐに答える。 おそらく早々と管理職になるだろう。 お茶を飲みながら孫をあやしてくれているが、苦…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

快晴の一日

2月14日(水) 朝の太陽が心地よい。 バジルを太陽に当ててあげよう。 お座布団の上でふっかふか。 ベスのいるところが一番暖かいよ。 のんびり大きくなってね。 大急ぎで生協の注文。 ギリギリだと買いすぎないですみますよ。 生協のはお高いですし。 甘平、デコポン、せとかを売っています。 どれもオレンジのいいとこどり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世渡り上手

2月13日(火) 晴れ時々曇り たまに雨雪みぞれ ピンポーンとチャイムが鳴った。 「はーい!」 「あ、僕ですー」 …僕? こんな感じで新婚のクロネコさんが配達に来た。 「僕、一人っ子なんでー、両親が関西にいるんでー」 君が帰ってしまった彼女を追いかけて、親も仕事も捨ててはるばる海を渡ってきたのは知っているよ。 そんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more