犬小屋を処分する

5月12日(土) 晴れ 暑い

犬小屋を処分した。
夫が猛スピードで昇進し、部下がお祝いに犬をくれた。
国の天然記念物に指定されていて、30万円もする犬。
わたしには価値はさっぱり分からないが、性格のいい可愛い女の子だった。
画像

その犬、篠ちゃんのために夫が作った犬小屋。
二方向に鉄パイプが入っていて、重い。
画像
画像

固定しているロープの結び方、見ただけでは分からない。
こんなん、覚えるの、無理。
画像
画像
画像

クリーンセンターに持ち込み処分した。
画像
画像

息子とカメラの話をした。
明るいレンズのカメラがほしいと言うと、やっと元気になり始めた思ったようだった。
30倍ズームで月を写すと言えば、月ばっかり撮るわけではないだろうとか、レンズキャップが面倒と言えば、レンズバリアは壊れやすいとか。
明るいレンズだとキャップだし、バリアだったら明るいのは無理ね、とか。
トレードオフだねとかユーザビリティねとか、誰としゃべっているつもりなん、息子。

「タッチパネル式って、よもだみたいで嫌だね」
「あれ、母さんのスマホはタッチパネル式でフォーカス合わせるよ」
「え?」
「いきなりシャッターもできるからブラウザ開いて設定したらいいよ」
「あ、やってみる」
「ちなみに、明るさは2.0」
「スマホの写真って馬鹿にできないね」

絶対にあほくさいと思っていたタッチパネル式、自分が持っていたなんて。
実際、とても便利。

息子、御前崎で波を撮っていてレンズキャップを落とした。
しかも、ケラレだらけで腐っていたし。
いろいろあって、今の境地かも。
画像

犬小屋がなくなってスッキリした。
こうやって、夫の思い出が消えていく。
画像



"犬小屋を処分する" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント