五色おはぎ

6月15日(金)

お金を用立てている人の妻の弟、つまり当事者の義弟さんが、貸していた怪文書をコピーして返しに来た。
債権回収業務に就いていた義弟さん、意味が分かっている。
金額の多少に関わらず、わたしがこれを今、タンス預金にして10年生きれば、相続税を逃れて子どもや孫が使えるお金になる。
ところが、貸借契約終了の6年後に、当事者の節税対策で通帳に返済されれば、その時点で我が家にとって明るみに出たお金になってしまう。
たとえば、わたしが預貯金の税務調査の対象になるならば、10年遡って調べられて追徴課税される。

自分にとって、多額の不明な入出金はとても危険。
そんなリスクも背負っているのに、平気でいられては困るのです。
情で動いている部分はあるけれど、簡単に考えないで欲しい。
地べたを這いずるような、わたしのような、暮らしをしてみないと1円の価値は分からないのだろうか。

義弟さんが返してくれた書類の中に、彼の住所氏名携帯番号が入っていた。
手紙も入っていた。
義兄をよろしくお願いしますと書かれている。
考えながら、言葉を選んでいる。
ソフトで落ち着いた語り口を思い出しながら、責任感の強い人だと改めて思った。

デパートの五色おはぎをもらった。
木の香のする包みを開き、一つ一つ味わいながら、いろいろ考えた。
画像

腰痛のためにヨガを休んだ。
ヨガの講師から電話があった。
畑仕事で腰痛になったと告げると、自分も野菜作りをしているから手伝いに行ってあげますと申し出てくれた。
そして、ご自身の住所氏名携帯番号を伝えてくれた。

考えることの多い一日。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック