真っ直ぐのものを曲げるな

6月13日(水) 晴れ 暑い

プランターに種まきしたネギがいっぱい生えた。
画像

まさか3年前の種が発芽するとは思わず、とりどりの種類をバラ蒔きしている。
で、何が何だか分からないけど、ぼうぼうに生えた。

千代美さんが欲しがっていたので、持って行ってあげた。
免停講習で運転できるようになったものの、恐くてあまり走れない。
ナスの選果場で、久しぶりに会う千代美さんは、ちょっと痩せていた。
ご主人がデイサービスを毎回ごねるので大変そう。
千代美さんにネギをあげ、わたしは鷹の爪と千日紅の苗、ゆがいたマダケをもらった。
画像
画像

混み合ってヒョロヒョロのネギ、選別して植えないといけない。
大小を一緒に植えると、小さいのは全然大きくなれない。
根っこの量で勝てないのかも。
で、選別。
しかし、何でこんなに生えたのか。
濡れ新聞を密着させてビニールでの保湿保温が良かったのか、ネギの神様が憐れんでくださったのか。
画像

細いのや太いのや超太いのや混ぜ混ぜで、選別とかより、それ以前の問題でしょう。
画像

これを選別するって…
これで、半分だし…
画像

何とか大きめを選りだして一束できた。
明らかに品種が違う固い手触りのがある。
いい、いい、気にしない。
あとは、捨てる。
画像

そこへ、伸子さんが回覧板を届けに来た。
ネギもトマトの苗も欲しいよ。
じゃ、あげるよ。
黄色のプチぷよ、脇芽をプランターに挿していたら立派な苗に。
幸せの4で4本希望。
もっとあるのに。
画像

暗くなってから、小さな畑に植えた。
ビラビラと長い根っこはちぎりながら。
中腰で腰痛になってしまった。
画像

ところが、LINEで写真を見た師匠からダメ出し。
寝かせ植えはダメ、立ち上がりにエネルギーを使う。
穴を開けて真っ直ぐにストンと落とし込むこと。
真っ直ぐのものを曲げるな。

間隔は指の幅で、縦横揃えると草取りに都合がいい。
葉っぱは切りそろえること、どうせ枯れるんだし、見た目が悪い。
根っこも切る。
しかも、千日紅の苗みたいなものはもらってくるな、とか。
そんな仕事は椅子に掛けてするものだろう、とか。
相当、虫の居所が悪そう。
欲求不満か夫婦喧嘩のとばっちりか。

何事にも真っ直ぐ、研究熱心で手を抜かない気性は分かりやすくて尊敬しているけど、気持ち難しい。
細かいし、こだわり強いし、理屈っぽくて理詰め。
偉そうでプライド高くて自信過剰なのは師匠だから仕方ないけど…。
理にかなっていてエビデンスあるけど…。
婉曲な言い回しは通じないし、逆鱗多いし…短気だし。

確かに、種類ごちゃ混ぜからして師匠の性には合ってない。
この大雑把なやり方、見ていてたまらないはず。

真っ直ぐのものを曲げるのは、自分も気持ち悪い。
ネギの神様、ごめんなさい。

生徒は素直に、早起きして植え直し。
支柱の折れた先を穴開け用に。
画像
画像

何でも縦横揃えてしつこくビシッと決める、合理的なようでいて神経質で粘着質の師匠の手前、ビシッと切り揃える。

そういえば「ビシッ」は亡き夫の口癖だった。
43年の間には、多分、2000回以上は聞いた。
アイロンは肩から袖口まで1本、ビシッとくっきり。
部下なんて可哀想に何人も泣きながら土下座にやって来た。
花の苗にも関心がなかった。
草刈り機で平気で刈り飛ばして、植えておく方が悪いみたいな。
いや、確かに、どこにでも植えられると面倒なことはよく分かりましたけど。
画像

鷹の爪とプチぷよを3本同居させて、藁を切ってマルチに。
画像

そうそう、ネギの苗を捨てるなんて、そんなことをするなと。
かすれた恐い声でマジ叱られた。
6つの束にして畑の隅に植えておけ、と。
今までネギは壊滅的失敗だったのに、ネギの神様の憐れみでたくさん生えて余ったら、捨てるんか。
そう言われたら植えるしかありませんけど、大量なんですけど。
神様を持ち出したりして感情論で来ないでよね。
って、6を出すなら仏様でしょうが。

畑に隅なんてないから、ナスと同居。
ネギの神様、ごめんなさい。

折れた支柱を上から押したので手が痛い。
今後も穴開け用に使うならキャップを付けよう。
自分、可愛い布地でてるてる坊主にしようと思ったけど、ガムテープでギリッと巻くようにと師匠。
ギリッガチッビシッが師匠なら、自分はふわっゆらっよろっ、かも。

夫も、どんな小さな苗でも捨てないでどこかに植えていた。
性格の不一致だったのかと、今更ながら。
夫も大変だったことだろう。
ごめんなさい。
画像
画像

小さい畑にゴーヤなんか植えるなとも言われたので。
ゴーヤは引っ越してフェンスに。
ま、息子夫婦も「そこにゴーヤはマズイっしょ」だったし。
自分も、これから先どうしよう、だったし。

ゴーヤの神様、ごめんなさい。
謝ってばかりの自分って、可愛い。
ははは。
画像
画像
画像
画像
 
画像
画像
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック