君はカラ?

4月17日(火) 曇り 夜雨

新潟の友人たちにみかんを送るために、山の産直市に出かけた。
画像

もう10年以上、みかん農家から清見タンゴールを送っていたが、今年はアウト。
秋の長雨と台風で実が落ち、少なくなって一玉が大きくなってしまった上に年末からの寒さでまた実が落ちてしまった。
清見タンゴールは小さい方が断然美味しいので、ソフトボールみたいに大きくなってしまっては売り物にならない。
農家さんがみかんの木の声を聞くと、もうダメと言ってるそうで、申し訳ないと断られてしまった。
お詫びの印にソフトボールみたいなのをもらったが、全然美味しくない。

今の時期のみかんは、ギリギリの不知火と河内晩柑かな。
不知火は20個で2580円。
これでは金額的に折り合わないので、6キロ1200円の河内晩柑と両方を送ることにした。
画像
画像

河内晩柑の味がよく分からないので試食してみることにした。
担当者は6キロ箱ごとカウンター内に持ち込み、1個を取り出した。
「え、いいんですか?」
「いいんですよー」
さくさくと切り分けて2切れ差し出した。
画像
画像

「あれっ、酸っぱいですね」
「そうなんですよ、爽やかなんですけどね」
「甘さより酸っぱさが勝ってるけど、後口が甘くて香りがいいですね」
「もう少し置いておくともっと甘くて美味しくなりますよ」
「じゃ、もう少し置いておくようにお手紙入れます」
「こんなのですけど、メモに使ってください」
「ありがとうございます」
「みかんの紹介も入れておきますね。ご自宅用にもどうぞ」
画像
画像

「ところで、なつみとカラマンダリンって同じものなんですか?」
「そうなんですよー、わたしも三日前まで知らなかったんですよ」

吉田町ではカラマンダリンを「南津海(なつみ)」と呼んでいると書いてある。
画像

息子がはるばる三重県から取り寄せた「南津海」にはカラマンダリンとポンカンの交配種だと書いてあった。
「なつみ」を買ってみたけど、カラマンダリン、いわゆる「カラ」とは違う気がする。

こうやって、何が何だか分からなく広がって行くのね。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック