内視鏡検査

3月22日(木) 快晴

いつもの野戦病院で内視鏡検査を受けることになった。
血液検査の結果が悪く、薬を飲んでないのがバレバレで、しかも胃が痛いとか重苦しいとか訴えたので、追い込まれた感じで承諾させられてしまった。

自分、内視鏡検査は嫌いではない。
先端のキラキラと白く輝くRGBの激しい点滅が、真っ暗な体内を明るく照らすのがたまらなく好き。
だから、喉に差し込まれるキラキラをじっと見る。
輝く光が体に入って来る不思議な感覚がたまらない。

病院の玄関先にノースポールが可愛い。
画像

以前は、胃も大腸も同じ日に検査していたが、優しい病院が増えてきたせいか別立てになっていた。
どうせ絶食なら一度に済ませた方が面倒くさくないのにと、自分は思うけど。

胃カメラは経鼻と経口があって選べるが、経鼻はチューブが細いので組織検査とかになると弱い。
医師は、吐き気がひどくないならと経口を選んだ。
いや、吐き気ひどかったですよ前回は。
それは、麻酔したあとさっさとしないから麻酔が覚めてしまったからですよ。
しかも、胃潰瘍が33個、33数えて止めたから33だけで、おまけに全体に点々と出血があり、生魚を骨ごと食べたでしょうとか、猫じゃあるまいし。
原因はストレスですよ、体に毒ですね。
画像

今回は潰瘍が2個だけで、お薬出すほどではないでしょうとか。
いや、胃は重苦しくて、実際、食べられなくて老けただのやつれただの、明らかに不調。
原因は、分かっているけど、直視を避けている。

医師、適当にゆるい薬を出して、
「ダイエットしてくださいね。それ、いけませんよ。
お肉、卵、乳製品はダメね」
「じゃ、何を食べれば?」
「精進料理ですね」
「尼寺へ行け?」
「そうそう」
「耳タコです」
「そうですか」

ジャガイモの芽がぐんぐん伸びる。
このパワーを倣ってぐんぐん元気になりたい。
画像
画像

次は大腸検査。
下剤も平気。
洗浄も平気。
画像
画像

ところが明け方まで長電話していて寝過ごして、2時間遅れでスタート。
平気、平気。
画像

今年初めてツバメが来た。
画像

「じゃ、安定剤のお注射を、今日は歩き?」
「先生、安定剤はいりません」
「あ、前回も使ってないね」
「帰りにホームセンターに行きたいし」

「それより、前回痛くて看護師さんたちに押さえてもらって、しかも、太ったでしょう、全部腹に着いたから通らないんだとキツいことを」
「ああ、横行結腸ね」

患者さんが多くかなり待たされて、寝てしまった。
「安定剤なしで寝られるんですね」

今回は痛くはなくするすると進んだ。
モニターを目の前に持ってきて見せながら説明。
「ここが小腸、こちらに進むと盲腸、こちらだと結腸、分かりますか?」
道案内よりキラキラが照らしている幸福感。
画彼像

画像

腸も異常なし。
「ダイエット進んでますね」
あれ、昨日はむちゃくちゃ尼寺に行かせようとしたくせに。
「先生は褒めない人だから、腸がきれいですごい嬉しいんですよ」
看護師さん、ナイスフォロー。
自分、不幸続きで心配かけて、優しさが嬉しい。
画像

ホームセンターで新しい薬剤に挑戦。
来年はトマトの種まきをしたい。
画像
画像

内視鏡検査の結果で、右に進むか左に進むか決めるつもりだった。
元気でいられるならば、真ん中を進もう。
決めた!
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック