雪山

1月11日(木) 曇り ときどき雪が舞う

夕方5時に予約していた歯科に行った。
歯科まで数分、歩きながら雪山を見る。
画像

一昨年秋に62歳で急逝した歯科医師は正月休みには毎年家族で志賀高原にスキーに行っておられた。
楽しそうな記録がFacebookに載せられ、毎日何度もアップされる医師の下手くそで素朴な投稿は楽しみだった。
医師が亡くなってFacebookが閉じられると、つまらなくなって自分もアカウントを消去した。

歯科医院は昨春、32歳の息子さんが後を継がれた。
東京で修行中だったのに突然の知らせにどんなにか驚き、混乱の中での選択を迫られたことだろう。
独立には少し早い次男が継いだのは、長男は急には身動きが取れなかったからかもしれない。
幼い兄弟がバス釣りに自転車を漕いでいた姿を思い出す。

夫が66歳で急逝したとき、息子は38歳だった。
転勤族のサラリーマン生活から、田畑に果樹園の世話、煩雑な近所付き合いまでが一気にのしかかった。
人生は思いがけないことが起きる。
でも、何とかやっていけるものだと思う。

診察室には新しい機械が入ったが、待合室は以前のままで全然おしゃれではない。
画像
一人30分、あれもこれもと忙しく治療を詰め込むところは、治療に通う日数が少ないので評判が良かったお父さんの時と同じ。
機械を買って経営が苦しいのか、助手はお母さんが一人でこき使われている。
生き生きと明るくなった表情を見るとホッとする。

それにしても、すごい雪。
画像

医院の前に大きな介護施設が昨春オープンした。
オープン前から満員で母は申し込んでも望み薄だった。
この中で、お年寄りたちがいろいろな気持ちで過ごしておられることだろう。
胸がいっぱいになる。
画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック